ファムズベビー 販売店

スタイをする首が真っ赤に腫れるほど

ファムズベビー

▲ファムズベビーを返金保証付きで買うならコチラ▲

 

生後2週間ごろ、おでこに赤いブツブツが出来て、それが水疱のような湿疹になりました。
さらに、黄色い脂のかたまりのようになってビックリしましたが、調べてみると新生児湿疹の典型的症状であることが分かりました。

 

その症状は生後2ヶ月になるころには治まりましたが、今度は首や手足の内側が赤く腫れるようになりました。
特に首は酷くて、スタイをしている部分が真っ赤に腫れてしまうほどでした。

 

顔に湿疹が出ることは少なくなりましたが、よく目の周りが腫れていました。
眠たくなると痒くなるのか、すごく顔を擦るので余計に赤くなってしまって可哀想でした。
4ヶ月の集団検診時に再検査となり、小児のアレルギー科が有名な総合病院の受診をすすめられました。

診断結果はアトピー性皮膚炎

集団検診で紹介されたアレルギー科を受診し、食物アレルギーの検査をしましたが、こちらは異常なしでした。

 

アトピー性皮膚炎と診断され、洗顔と保湿の方法をビデオを見ながら教わりました。
湿疹は乾燥した肌に雑菌がついて、そこが炎症して痒みにつながるそうなので、
まずはしっかり石鹸を泡立てて汚れを洗い流すこと、その後時間を置かずにしっかりと保湿することが大切とのことでした。

 

保湿の仕方は自分が思っていた数倍も保湿剤を塗る必要があったようで、その病院ではワセリンをベタベタに塗ることを指導されました。
ステロイドも処方され、こちらは塗った後に赤みが引いた程度で使用を止めず、湿疹が完全に無くなって他の肌と変わらなくなるまで塗るようにと指導されました。

保湿の効果あって今ではキレイに

病院での指導通り、毎日朝と晩の保湿をしっかりと続けたところ、段々と良くなっていきました。
ただ、小さな波はあって、良い時期と悪い時期を繰り返しながら時間をかけて治していくといった感じでした。

 

良い時期は保湿剤のみで、悪いときはステロイドをプラスしてケアをしました。
子どもが3歳ごろになるとだいぶ肌も強くなって、こちらがさほど神経質にならなくても良い状態になり、5歳となった今では冬の乾燥した時期以外は保湿剤も必要なくなるほど綺麗に治りました。